Second Musix
*

週5で焼肉が僕の夢です【絶賛実行中】

熱々のお肉を口いっぱい頬張っている時が至福の時間。
それは小学生の時から変わりません。
32歳のおっさんになった今でもね。

バブル世代ではないんですが、直属の上司たちがバブル世代なんで給料日の夜は間違いなく焼肉につれていかれます。
新入社員とかじゃないんで割り勘ですけど(汗)
もちろん上司たちは僕より年上ですよ。

40代から上は62歳まで


でも肉を食べる食べる!驚くほどの食欲です。
食べてる時はめっちゃ元気なんですけど翌日は胃もたれと二日酔いで朝からダウンしているところを見ると、年齢を感じますけどね(笑)

僕もそろそろ肉を食べた翌日は胃が持たれてくるようになりました、残念なことですが。
でも太田胃散を飲めば大丈夫なのでまだまだオッケー(笑)
唯一の悩みといえば僕も係長という役職についてしまったので後輩達に奢らなければいけないポジションになってしまったという点。

もちろん連れて行くのは焼肉屋さんに決まってるんですが、焼肉は高いんだヨォ。
まともなお店に行くとなれば一人頭8000円はいっちゃうからね。


食べログとぐるなびを駆使して出来るだけ安めなお店に行くようにはしているのですが、お肉の品質と価格が比例するのは避けられない自明なこと。

牛角なんてチェーン店に行ってしまえば僕の焼肉奉行の名がすたれますから(笑)
しかし不景気でボーナス削減の嵐の昨今、最近は家での焼肉会ってのもいいんじゃないかなって思っています。
家だったら肉と鉄板があればいいし、店で食べるよりもよっぽど安くすむはず!

もともと部署内での交流が目的だったので、自宅に招くってのは距離が縮まってよりよい交流ができるんじゃにかなーって目測もございます。
これを考えてからインターネットや雑誌で通販で変えるお肉を探し続けていました。


そして見つけたのがこの亀山社中の焼肉だぁーー!!!→HP(追記:2013年の春のお花見BBQにも使わせて頂きました☆うまかったぞ〜〜〜!!!)

自分で食べて納得が出来なければ人様に食べさせる資格はないと思っていますので、もちろん実際に注文して自分で食べてみました。(今は前よりもちょっと安くなっているみたい♪)


さすがに一人で何キロも食べられないから一番小さいカルビとロースのセットを。
感想としては、「この肉だったら人様に自身を持って薦められる」ってこと。

要するにウマいってことですわ。
その日は味見程度に3分の1程度だけ食べてあとは冷凍する予定だったのに、気がつくと一欠片の肉も存在しておりませんでした。


はい、満腹中枢を狂わせるほどの旨さを持った焼肉でしたよ。

早速、次の我が家での焼肉会でこれを使います。皆の喜ぶ顔が今から目に浮かびますわ!

Copyright (C) 2008 平尾勇気さん-気になる俳優&ミュージシャン- , All rights reserved.
omo